Home » Archive

Articles tagged with: SUUNTO


アウトドア, アウトドア用品 »

[ 2011年06月18日 | No Comment | 0 Trackback ]
SUUNTO ベクターのベルト交換

1年ほど前にはベルトのいつも使用していた穴の一部が裂け始めていたのには気付いていて、それが成長してベルトの2つの穴が繋がってしまったのが昨年の暮れでした。それでも使用には問題無かったので使用を続けていくうちに、ベルトのサイドの部分に傷が入り、結局ひと月ほど前にベルトが切れてしまいました。

アウトドア, アウトドア用品 »

[ 2010年05月09日 | 2 Comments | 1 Trackback ]
SUUNTO ベクターの電池交換&時刻合わせ

先日、「外秩父七峰縦走ハイキング大会」に参加するために装備を揃えていた時、SUUNTOのベクターを確認したら電池が無くなっているのに気づきました。しかも気づいたのが前日の夜だったので、翌日の使用は断念しなくてはならなりませんでした(ToT)
そんなとき何気にTwitterでつぶやいたら、2回に1回はバッテリーキットを買わないで電池だけの交換で不具合はないよ。というナイスアドバイスを頂き、そうだよな・・・、毎回、裏蓋とO-リングを交換するのはモッタイナイよな・・・。と言う事で、今回は電池のみ交換してみたいと思います。

アウトドア, アウトドア用品 »

[ 2010年04月11日 | No Comment | 0 Trackback ]
登山用コンパスについて

今回はコンパスです。山ノボラーや地図を見るのが好きな人は知っていると思いますが、意外に、「コンパスは真北を指してはいない」ということを知らない人が結構います。まぁ、小学校の時に一度くらいは理科の授業で使ったことはあると思いますが、その時は単純にコンパスの針が北を向く、ということだけを教わったような気がします(西偏とかちゃんと習ったっけ?)。詳しいことは文末に紹介している参考書を見てもらうとして、今回は簡単に真北と磁北の違いだけ書きます。

アウトドア, アウトドア用品 »

[ 2005年12月23日 | No Comment | 0 Trackback ]
コンパスとストックを購入しました。

一応、GPSと腕時計(SUUNTO VECTOR) にはコンパスはついているが、万が一、電池切れ(これには何度も苦い思い出が・・・)や水没等でこれらが使えなくなったときの事を考えて装備をしておこうと思い、アナログのコンパスを購入しました。コンパスと言えばSILVAが有名みたいだけど、せっかくなので腕時計と同じSUUNTOでコーディネイト(?)してみました。

    

ついでに、ストックも購入。これは必要に迫られてと言うより、今までの数少ない経験の中で、(ストックが)あれば便利だろうな、という場面が何度かあったからだ。でも、荷物が増えるわけだから、実際はどうなんでしょう? 次の山登りには連れて行ってみようと思っています。詳細は後日。

その他にも必要な装備はあると思うけど、一度に揃えるのも無駄に散財しそうなので、徐々に揃えていこうと思ってます。さて、次は何を買おうか?

[amazon asin=”B000JL2CAG” /]
[amazon asin=”B001GA9LPI” /]

アウトドア, アウトドア用品, 最近、更新した記事 »

[ 2005年12月19日 | No Comment | 1 Trackback ]
SUUNTO VECTOR

普段使用している腕時計(TISSOTのT-Touch グリーンロゴ)にもコンパスや高度計が付いているのだが、山登りを始めたのでどうせならと以前使っていたプロトレック(WWFの白いやつ。型番不明)を引っ張り出してきた。しかし、ここ数年放っておいたせいで電池が無くなっていた。まぁ、電池交換すればいいやと思い、何気にネットでプロトレックの電池交換のことを調べたらなんと四千円もするらしい、期間も3週間かかるとのこと。。。う~ん、まぁ、新しいのを買うよりは安いよな、でも、、、、3週間も待たされるのは嫌だよな、というかまた取りにいかなきゃならないのが面倒くさいよな。じゃあ、まぁ、しばらくはT-Touchでいいか、という結論に達してから2日後、近くのアウトドアショップ(WILD-1)でSUUNTOのVECTORを見つけてしまった。この時計の存在は知ってはいたんだけど、機能はよくは知らなかった、というのも近所のヨドバシカメラではこの商品を健康補助グッズのように展示(自分の思いこみだと思いますが・・・)していたので自分には関係無いと思い、あまり詳しく見ていなかった。その時計がアウトドアショップに置いてあったので、よく見てみるとプロトレックと同じような機能を持っているらいいということが解り、俄然興味を抱いてしまった。その後ネットで調べること数日後の今日、ついにVECTORのレッド(写真参照)を購入してしまった。。。
でっかい文字盤(プロトレックのふたまわり位大きい)と自分で電池を交換することが出来る(そもそも最近のプロトレックは電池交換不要だけど)という些細な理由から購入に踏み切ってしまった。まぁ、数日調べたから衝動買いではないけど限りなくそれに近いものがある。で、実際にVECTORを手に取ってみるとやっぱりデカイ、プロトレックと並べてみてもその大きさはビックリするくらいデカイ。でも、軽い。腕時計をしているのを忘れてしまうくらいに軽い。特に最近は金属製の時計ばかりしていたせいもあるだろうけど、それにしても大きさの割にはかなり軽いんじゃないでしょうか。手に嵌めたときのフィット感も申し分なく、全くと言っていいほど違和感がない。
性能はまだわからないけど、機能はプロトレックとほぼ同じと言っていいでしょう。ちなにのこの時計、メーカーでは『リストップ コンピュータ』と呼んでいて、上位機種になると実際にPCと繋げてデータ(心拍数やウェイポイントの登録など)のやりとりが出来るらしい。まぁ、コンピュータなんて謳っているわけだからそれなりの機能があると思いますが、実際に山に入ってどういうふうに役に立つのか次回の山登りには同行させたいと思っています。でも、その前に使い方を覚えなければ・・・。

4年間使ってみて・・・(2010年1月30日追記)
ベクターを購入して丸4年が過ぎました。
とくに浮気することもなく山登りにはずっとベクターを使用してきました。丹沢の低山から富士山、北岳、奥穂でも、ベクターはずっと一緒でした。
飛行機の中は地上より少し気圧が低くなると聞いて、このベクターの表示がどうなるかと気になって安定飛行時の気圧を見てみた。約800hPaで標高は2000メートル前後を表示してました。
そんなわけですでに手放せなくなってしまったわけだが、4年間使ってきた使用感などを書いてみたいと思います。
まず、電池は4年の間に一度だけ交換しました。このモデルは自分で電池交換を行えるのがウリです。基本的には電池交換パック(¥1,000前後)を購入して交換します。ただし、電池自体はボタンタイプの「CR 2430」なので普通の電気屋で購入可能ですが、純正の電池交換パックには電池の他に蓋とゴムパッキンが付いているので、純正品を使用したほうが良いかと思います。私も純正品を購入しました。
交換自体は簡単です。コインで裏蓋の一部を回すと簡単に外れます。あとは電池とゴムパッキンを交換して、蓋を閉めれば終わりです。防水性能も特に落ちたようには思いません。水に潜って使用したこと(もちろんそんな使い方はNGですが)はありませんが、屋久島の土砂降りの中を2日ほど歩きましたが、現在も元気に動いています。
こういった時計をしているとよく人からどの程度標高が正しく表示されるんだ? というような質問を受けますが、普通の状態では標高は平気で100メートルくらいは違って表示される時もあります。もし、自分のいる場所の正しい標高を知りたければ国土地理院発行の地形図を見ることをお勧めします。では、この時計に表示されている標高は何だ? というと単純に気圧から標高を計算しているに過ぎません。なので、自分のいる場所の正しい標高を表示させたければ、その場所の標高0メートル地点の気圧をベクターに教えてあげると、ほぼ正しい標高が表示されるはずです。しかし、そんなことは出来ません。では、どう使えばいいのかと言うと、標高が分かる場所で(普通は登山口など標高がある程度分かる場所で)標高を合わせる必要があります。すると大きく天気が崩れない(厳密に言うと大きく気圧の変化が無い)かぎりはほぼ正確な標高を表示し続けます。なので、こういった時計では標高が分かる場所でマメに合わせるという作業が必要になります。なので、実際にこの時計を使いこなすには、簡単に標高が合わせられるUIになっているかということも大きな問題になってきます。それでも、それば面倒だ! という方は高機能GPSを使用すると空が開けて見える限り、かなり正確な標高を表示してくれます。
まぁ、普通の気圧の時は補正しなくても結構正しい標高を表示されたりもします。1,000m前後の標高の山の山頂で±5mだったときもありました。
こういった特徴を理解して使うと結構使えると思います。よく、プロトレックとどっちがいい? なんて質問をされますが、私はプロトレックも使っていた時期もありましたが、ベクターを購入してからはずっとベクターを使っています。というのが答えです。えっ? 答えになってないですか?

電池交換の模様をアップしました(2010年05月09日追記)
「SUUNTO ベクターの電池交換&時刻合わせ」