Home » Archive

Articles in the 写真/カメラ Category


アウトドア, アウトドア用品, 写真/カメラ »

[ 2011年10月16日 | No Comment | 0 Trackback ]
山カメラ用ポーチ(f.64 2545)購入

以前「登山用ポーチ&カメラケースについて」で紹介した「キヤノン ソフトケース PSC-1250」がボロボロになってしまい、他に代わるポーチは無いかとずっと探していたけど、やっと使えそうなポーチがみつかりました。

アウトドア, アウトドア用品, 写真/カメラ »

[ 2011年08月21日 | No Comment | 0 Trackback ]
山カメラについて

最近「RICHO GXR+S10KIT」を購入したので、自分の山カメラ暦について書いてみたいと思います。ただし、ここで言う山カメラはコンパクトカメラに限らせて貰います。自分自身、山登りを始めたきっかけは滝の写真を撮るのに山に入ったのがきっかけで、その時は一眼レフを使用していました。それからしばらくの間は一眼レフとコンデジを併用していましたが、撮影する度にザックから引っ張り出さなくてならない一眼レフの活躍の場は段々減っていきました。

写真/カメラ »

[ 2005年12月09日 | No Comment | 0 Trackback ]
イメージセンサーにゴミが・・・

上の写真だと縮小してしまっているのでわかりにくいが赤丸の部分にしみのような後が付いてしまっている。この写真だとF16まで絞って撮っているので始めは円偏光フィルターにゴミでも付いたのかと思ったけど、他の写真も同じ位置に付いているので、フィルター枠を回転させて使う円偏光フィルターの可能性は無くなり、次にレンズにゴミでも入ったのかとも思ったけど、違うレンズでも同じ位置に出ているのでこの可能性も無し。ということは、話には聞いていたけどデジタル一眼特有の問題でイメージセンサーに付着するゴミの可能性が大きくなってきた。
取りあえず、レンズを外しミラーを上げて(清掃モードにして)中をのぞき込んでみたら、それらしいゴミのようなものがイメージセンサー上に見える。厳密に言うとイメージセンサーの上にはローパスフィルターがあるのでその上にゴミがあるように見える。本来なら定期的にこの部分の清掃を行うべきなんだろうが、今は道具(普通のレンズクリーニングキットでもいいのかな?)も勇気(直接的にも間接的もココは触りたくないよね)もないので、とりあえずブロアーで吹いてみる・・・目で見たところでは取れたようにみ見えるので、取りあえずF16まで絞ってフォーカスモードをマニュアルにしてボケボケの写真を試し撮りしてみる。すると大きいゴミは取れていたがまだ小さいのが残っている。まぁ、F16まで絞って使うことも滅多にないし、縮小しちゃえばわかんなくなるからいいっか! 取りあえずこれでしばらく様子を見てみよう・・・。と元来のいい加減な性格が顔を出す。
う~ん、でもこれは問題だね。本来なら写真に写る映像と同じものが見えるのが一眼レフの最大の特徴なのに、デジタルになるとそうとも限らないってことだよね、写真には写ってしまうがファインダーでは確認出来ないってこと。特に自分の使っているEOS 20Dは液晶も小さいから撮影後の画像をチェックするにしてもかなり拡大しなくちゃならないので、一枚撮る毎にそんなチェックしてたら撮影のリズムも何もあったもんじゃないね。OLYMPUSのE-500なんぞは超音波でこのゴミを吹き飛ばしてしまおうという画期的な(効果の程は知らないけど)システムを搭載してたりする。このゴミ問題はこれからのデジタル一眼の最大の課題ではないでしょうか???
カメラーメーカーさんがんばって下さい!

写真/カメラ »

[ 2005年12月02日 | No Comment | 0 Trackback ]

以前購入したリュック型のカメラバックはEOS 20Dにバッテリーグリップを付けると事実上入らなくなってしまう(無理矢理押し込めば入らなくもないが布が切れそうになる)ため、泣く泣くバッテリグリップを外して携帯していたけど、山登りする度にバッテリーグリップを付けたり外したりするのは面倒なので、ここは清水の舞台からバンジージャンプ(微妙な命綱付き)するつもりで新しいリュックを購入することにした。
で、まず、条件をいくつか絞ってみる。

EOS 20Dにバッテリーグリップ(&標準ズームレンズ)を付けた状態で収納出来ること。
上記プラス交換レンズを1~2本収納出来ればなおよし。
三脚も収納可能なこと。
お弁当やタオル等カメラ機材以外の物も収納出来ること。
リーズナブルなこと。

というまことに自分勝手な条件を挙げて、色々と調べてみた。結果、LoweproのローバーAW IIがよろしいのではないかという結論に達して、これを購入した。ただ、条件5の「リーズナブルなこと」というのにはあまり当てはまらないような気がしたが、まぁ、超精密機械を背中に背負って山の中を歩くのだからある程度は信頼されているブランドの製品の方がよかろうという、というこれまた自分勝手な思いこみでこの条件には目を瞑ることにした。
以前のカメラバックはカメラが上部に入るタイプだったが今度のローバーAW IIは下部に入れるタイプなので、以前のものよりは安定していると思う。三脚を取り付ける位置も以前のはリュックの左右どちら側かに取り付けるタイプだったので、三脚を取り付けた側と反対側にはペットボトルを付けてバランスを取っていたが、当然飲料が無くなってくるとどちらかにバランスが寄ってしまうので重心も動いていたが、今回購入したものはリュックの中央に取り付けるタイプなので、重心が偏ることは無いと思う。背負った感じも以前のものよりも大きいせいか窮屈感は無く、長時間背負っても肩に負担は掛かりにくいと思う。
そうだ、もう一つ大事なことがあった。それはGPSを取り付ける位置だ。以前のは天蓋が水平になっていてそこに小物を入れられるようになっていたのでGPSを水平に取り付けることが出来たけど、今回のはそれが無いのでどこに付ければいいのやら??? 取りあえず付けられる位置に付けてみてテストしてみる必要がありそうだね。
ところで、自分はどちらかというとあまり「リュックを使わない人」なので、リュックには詳しくないのだが、最近のものはやたら色んなものが付いてるね。使い方が分かるのもあるが、何に使うんだこのヒモ? なんて不思議ヒモがたくさん付いていて困ってしまう。でも、これって基本的に自由に使ってもいいんだよね、だったらあまり気にしないことにしよう!

写真/カメラ »

[ 2005年11月18日 | No Comment | 0 Trackback ]

今日、TAMRONの[17-35mm F2.8-4(A05E)]購入をした。しかし、家に帰ってみるとSIGMAの[18-50mm F2.8 EX DC]があった。ほぼ同じ画角じゃん!
しまったぁ~! やってもうた! てっきり持っていたSIGMAのレンズは[24-60mm F2.8 EX DG]だとばっかり思ってて、もうちょいワイド域を充実させたいなと思いTAMRONの[17-35mm F/2.8-4]を購入。これで35mm換算で約27~96mmになるから、広角~標準域はカバーできるなと思ったけど、持っていたのは[18-50mm F2.8 EX DC]! スペックだけ見ると全くの無駄! はぁ~、、、自分の持っているデジイチ(EOS 20D)だと、表記プラス1.6を掛けた数字の2種類を覚えていなければならないので、どうしてもごっちゃになってしまって、結果今回の事故(!?) が・・・。
まぁ、TAMRONの[17-35mm F/2.8-4]はフルサイズ一眼でも使用できるので、EOS 5(5Dではない)に付けて超広角ズームとして使うか、いつの日かフルサイズデジタル一眼を購入するかもしれない、、、ということで自分を(泣く泣く)納得させる。。。しかたないじゃん! とりあえず今度の日曜に山登りに持っていって試し撮りしてみよう。