Home » アウトドア, アウトドア用品

登山用アームカバーについて(続き)  このエントリをはてなブックマークに登録 

[ 2010年09月09日 | No Comment | 0 Trackbackk ]


前回の更新からずいぶんと時間が経ってしまいましたが、少しづつ仕事にも慣れてきたので、ゆっくりですが更新していきたいと思います。

まず、前々回(登山用アームカバーについて)でも紹介しましたが、新たにアームカバーを購入したので続きとして今回もアームカバーについて書きたいと思います。

MUSCLE COOL パワースリーブ

MUSCLE COOL パワースリーブ新しい仕事の関係で頻繁に山に入るようになり、虫&紫外線だけではなく植物(うるし類によるかぶれや刺のある植物)等の対策が必要だと気付き、新たにアームカバーを購入するに至りました。

基本的にSKINSのパワースリーブが理想だったのですが、いかんせん少々高価なこともあり、そうそう数を揃えられない(毎日使うものなので複数必要)ので、モンベルのクールアームカバーでも買おうと思っていたら、ふと立ち寄ったワークマンでこの商品を見つけて、即ゲットしました。なんといっても一番の魅力はその値段で、580円で買えました。SKINSのパワースリーブが5,250円もするので約9分の1の値段です。一応、効果もコンプレッション(筋肉への適度な締めつけで疲労を抑えることが出来る)、吸汗速乾、ストレッチ、UVカット、抗菌防臭加工とSKINSのパワースリーブとほぼ同じです。

実際に装着した感じは、SKINSはサイズが細かくあるのに対してこの商品はフリーサイズ一種類のみなので、最初は締め付けとか大丈夫なのかと思いましたが、SKINSの装着とあまり変わりません。最初は少しキツイかな? とも思いましたがこれはSKINSの時も同じで、何回か装着していくうちに違和感は無くなってきました。

縫製等は確かに安っぽさもありますが、値段を考えれば仕方ないと思います。ロゴが無い分SKINSのように剥がれて汚くなることも無いので、割りきって使用すれば十分に使えると思いました。

最後に、この商品の売りのひとつである筋肉疲労の軽減に関しては、通常の山登りではSKINSにしてもこの商品にしてもあまり違いは感じませんでした。ただしこれはあくまで私自身の感想で、腕の筋肉を使うテニス等での使用時では違いがあるかもしれません。私はこの商品を使う目的は前述しましたが、虫&紫外線&植物への対策用なので、そういう意味では十分にその目的を果たしていると思います。

スポンサーリンク

 

  にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 人気ブログランキングへ  

関連する(かもしれない)記事

Trackback URL

コメントを投稿する(承認後に表示されます)