Home » アウトドア, トレッキング, 最近、更新した記事

富士山トレッキング紀行(新六合目撤退編)  このエントリをはてなブックマークに登録 

[ 2006年08月05日 | No Comment | 0 Trackbackk ]


今回は以前から父親が富士山に登ってみたいと言っていたので、一緒に登ることになった。本来ならば1泊2日で登る方がいいのだけれど、いきなりそれは無謀に思えたので、今回はとりあえず富士登山とはどんなものかを体験してみて、あわよくば山頂まで行ってしまおうと言う事になった。なので、予行練習的な山行です。

山行データ

2006年08月05日(土)
コース (スタート)須走口五合目~新六合目(長田山荘)~砂走五合目~須走口五合目(ゴール)
山名 富士山(3,776m) 累積標高 (+)1,103m
歩行距離 9.895km 所用時間 5時間28分
参考山行 2006年06月24日(土) 富士山トレッキング紀行(八合目敗退編)【須走口】
2006年07月15日(土) 富士山トレッキング紀行(小富士編)【須走口】
2006年07月22日(土) 富士山トレッキング紀行(初登頂編)【須走口】
2006年08月19日(土) 富士山トレッキング紀行(登頂2回目編)【須走口】
2007年06月30日(土) 富士山トレッキング紀行(登頂3回目編)【河口湖口】
2007年07月29日(日) 富士山トレッキング紀行(小富士編)【須走口】
2007年08月10日(金) 富士山トレッキング紀行(登頂4回目編)【富士宮口】
2007年09月08日(土) 富士山トレッキング紀行(登頂5回目編)【須走口】
2008年06月28日(土) 富士山トレッキング紀行(本七合目撤退編)【須走口】
2008年07月05日(土) 富士山トレッキング紀行(登頂6回目編)【富士宮口】
2008年07月26日(土) 富士山トレッキング紀行(御中道編)

山行記

須走口五合目
【05時30分】

この日はシーズン真っ只中のため、車を五合目から2キロメートル以上も下に停めなくてはならなかった。五合目まで登るのも一苦労だ。

車を停めた位置からおよそ40分かけて五合目まで登ってきた。ここでしばらく休憩してスタートです。

古御嶽神社
【05時55分】

古御嶽神社。ここから本格的に山登りスタートです。

富士山の山頂
【06時59分】

富士山の山頂がはるか遠くに見えます。

父親のペースが上がりません。歩いている時間より座って休んでいる時間の方が長くなっています。

新六合目
【08時20分】

スタートから約3時間半。五合目から約3時間弱かかってやっと新六合目に到着です。通常の自分のペースだと五合目から約1時間です。ちょっとかかりすぎてます。

ここで父親がベンチで横になっていると、なにやら山小屋の方から怒鳴り声が・・・。どうやらお客さんが勝手に金剛杖に焼印を押そうとして山小屋の人に怒られているようです。富士登山の楽しみのひとつに金剛杖に各山小屋で焼印を押してもらうというのがあります。これは火で鉄の棒を熱して木の金剛杖に焦げ跡をつけるもので、決して勝手に押してはいけません。最悪の場合は大やけどを負う場合もあるので、必ず山小屋の人に声をかけて押して貰いましょう。

しばらく横になっていた父親がここでギブアップ宣言をしました。私だけ頂上に向かったら、と言っていますが、さすがに五合目から3時間もかかっては自分のペースも何もあったもんじゃないので私も一緒に下山です。

このまま登ってきた道を引き返しても問題は無いとは思いますが(実際にそういう人は結構います)、富士山の場合は登山道と下山道が分かれていることがあります。なので、念のため山小屋の人にここからの下山道はどうなっているのか聞いてみました。すると山小屋の向かって左側(写真の左奥)に細い道がありました。途中まで山小屋の人が先導してくれてしっかりとした下山道に出ることが出来ました。その間、山小屋の人はいろんなことを教えてくれて、ただ黙々と山頂を目指す時とは違い、いろんな収穫がありました。

高山植物
【08時49分】

下山を始めると父親は俄然元気が出てきて、普段滅多に見ることが出来ない高山植物の写真を撮りまくっていました。

山頂にズームイン
【08時59分】

山頂にズームイン! 山頂は遠いです。

この後、砂払五合目で少々休憩を取り、再び樹林帯の中を進みます。

あと少しで古御嶽神社に着くというときに、ひとりの女性の外人が声をかけて来ました。どうやら日本語はまったく出来ないようで、しかも英語圏の人ではないらしく、ちょっと癖のある英語で「ココハドコデスカ?」と聞いてきた(と思う)。のでとりあえずここは須走口でもう少しで五合目だと答えたけど、通じたのかどうかは分かりません。その後彼女はそのままサーっと歩いて行ってしまいすぐに見えなくなってしまいました。彼女は日本語がまったく出来ないようだったので、恐らくツアーかグループで来たんだろうけど。迷ってしまったんだろうか???

三合目
【10時19分】

登るときには気がつかなかったけど、車の停めてあるところまで帰ってきたら近くにこんな標識が・・・。結局この日は三合目から登り始めたってことっすか???

ルート図(クリックで拡大)

ルート図
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図250mメッシュ(標高)、数値地図50mメッシュ(標高)、数値地図10mメッシュ(火山標高)、及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第492号)

ルート断面図(クリックで拡大)

ルート断面図

ルート鳥瞰図(クリックで拡大)

ルート鳥瞰図

お勧め

[amazon asin=”463592288X” /]

スポンサーリンク

 

  にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 人気ブログランキングへ  

関連する(かもしれない)記事

    None Found

Trackback URL

コメントを投稿する(承認後に表示されます)