Home » アウトドア, トレッキング, 最近、更新した記事

(半原)高取山・仏果山トレッキング紀行  このエントリをはてなブックマークに登録 

[ 2006年07月29日 | No Comment | 0 Trackbackk ]


先週、富士山に初登頂(富士山トレッキング紀行(初登頂編))したので、今週はのんびりと歩きたいと思い(半原)高取山、仏果山を選びました。しかし、今までと同じコースではつまらないので、いつも使用している宮ヶ瀬湖側の登山口から登るのではなく、山の反対側の「愛川ふれいの村」からスタートすることにしました。

山行データ

2006年07月29日(土)
コース (スタート)愛川ふれいの村~(半原)高取山~仏果山~愛川ふれいの村(ゴール)
山名 (半原)高取山(705m)
仏果山(747.1)
累積標高 (+)824m
歩行距離 8.316km 所用時間 3時間36分

山行記

「愛川ふれいの村」の駐車場
【07時04分】

「愛川ふれいの村」の駐車場に車を停めてスタートです。

正面に見える山が仏果山
【07時13分】

正面に見える山が仏果山かな?

分岐
【07時15分】

仏果山に直接登る場合はここを左に曲がって90分、でも今回は高取山経由ですので直進します。すると高取山までが90分で仏果山までは140分。

舗装道路を左に外れて
【07時18分】

まっすぐ行くと、宮ヶ瀬湖の周回道路に出ますが、その少し前で舗装道路を左に外れて・・・

周回道路の下をくぐります
【07時19分】

・・・周回道路の下をくぐります。

右手の階段を上がる
【07時20分】

橋をくぐって、すぐにある右手の階段を上がると・・・

登山道の入口
【07時21分】

・・・ここからが本格的な登山道の入口になります。

最初の鹿柵
【07時29分】

最初の鹿柵を越えます。このコースは結構鹿柵が多いです。

愛川ふれいの村への分岐
【07時33分】

途中、愛川ふれいの村への分岐があります。どうやらいくつかのルートがあるようです。

また鹿柵
【07時38分】

また鹿柵です。

高取山まであと40分
【07時44分】

高取山まであと40分。

林道のような所に出ました
【07時46分】

林道のような所に出ました。

しばらく林道を進むと再び登山道
【07時47分】

しばらく林道を進むと再び登山道に入ります。

分岐
【08時06分】

分岐です。今登ってきたルートとこれから登るルートの他に、「馬場・大平」と書かれています。これって何処に出るのだろう???

ルートが左右に分かれています
【08時06分】

ルートが左右に分かれています。このコースはいろいろな所に出るルートがあるみたいですね。

再び、鹿柵
【08時08分】

再び、鹿柵。

杉、檜の植林地
【08時13分】

・・・杉、檜の植林地を登っていくと・・・

またまた鹿柵
【08時15分】

またまた鹿柵。

腕に無数の水疱
【08時17分】

夏の低山なので、とにかく暑いです。汗が吹き出してきます。そんな時ふと腕を見ると、(写真では見にくいですが)無数の水疱がっ・・・! 先週の富士登山の時に紫外線対策をしていなかったために、日焼けを通り越して火傷状態になってしまい、一週間経った今でも腕はヒリヒリしています。

またまたまた鹿柵
【08時18分】

またまたまた鹿柵。

宮ヶ瀬ダムに出るルート
【08時18分】

ここからも宮ヶ瀬ダムに出るルートがあるんだ・・・。

宮ヶ瀬越からの稜線
【08時27分】

おっ! 宮ヶ瀬越からの稜線に出ました。ここまでくれば山頂は目の前です。

最長直下の急登を登り切ると
【08時27分】

最長直下の急登を登り切ると・・・

山頂です
【08時30分】

山頂です。誰もいないようです。

高取山(705.7m)
【08時30分】

高取山(705.7m)

愛川ふれいの村から約1時間30分で到着です。

展望台から見た宮ヶ瀬湖&丹沢の山々
【08時33分】

山頂に立っている展望台から見た宮ヶ瀬湖&丹沢の山々です。

虹の大橋
【08時33分】

虹の大橋も見えます。

仏果山の山頂の展望台
【08時34分】

最大ズームで仏果山の山頂の展望台を見てみると、人がいるようです。

このあと休まずに仏果山に向かいました。

宮ヶ瀬越
【08時50分】

宮ヶ瀬越。右に下って行くと宮ヶ瀬湖に出ます。

ここの少し前で人とスレ違いましたが、先程仏果山の展望台にいた人でしょうか???

山頂直下
【09時13分】

山頂直下、ここを超えて、小さな岩場を登り切ると・・・

仏果山(747.1m)
【09時14分】

・・・山頂到着!

仏果山(747.1m)

仏果山の展望台から見た、宮ヶ瀬湖&丹沢の山々
【09時17分】

仏果山の展望台から見た、宮ヶ瀬湖&丹沢の山々です。角度が違うせいで高取山の展望台から見た景色と少し違います。

仏果山の展望台
【09時23分】

仏果山の展望台。

まだ時間が早いせいか、ここも誰もいませんでした。

ここで少し、、、というかかなり早いですが軽く昼食タイムです。

仏果山のいわれ
【09時24分】

下記参照。

仏果山ぶっかさんのいわれ

この山は、室町時代のはじめ清川村煤ヶ谷すすがやにある正住寺しょうじゅうじ臨済宗りんざいしゅう鎌倉建長寺派)を開山した天鑑存円上人てんかんぞんえんしょうにん仏果禅師ぶっかぜんじ)が座禅修行をした山といわれている。

天鑑存円上人が坐禅をしたという坐禅石は、いつの頃か煤ケ谷側の仏果沢ぼっかざわに落下してしまった。こうした由来から、この山の名を「仏果山ぶっかさん」と呼ぶようになったという。(現在この座禅石は下の採石場わきにある。)

また、この山は昔、煤ヶ谷の人々は南麓なんろくと呼び、半原越え(半原峠)から仏果山周辺までを南山みなみやまと呼んだ。津久井町長竹ながたけ韮尾根にらおねなどでは半原富士と呼んでいた。

環境庁・神奈川県
下山開始
【09時51分】

山頂で30分ほどウロウロして下山開始です。結局この日会ったのは宮ヶ瀬越の近くですれ違ったハイカー1人でした。

迷うことはない
【09時56分】

こっちの下山コースはほぼ1本道なので、迷うことはないのです。

蛛の巣がものすごく多かった
【10時00分】

このコースは、しばらく人が歩いていないのか、蜘蛛の巣がものすごく多かったです。その辺に落ちていた、木切れを前方に突き出してクルクルしながら歩いていました。

林道を越えて
【10時05分】

林道を越えて、更に下ります。

軽い藪漕ぎ
【10時11分】

季節柄ルートを覆う草木が邪魔です。軽い藪漕ぎ状態です。

鹿柵
【10時14分】

標高が下がるに連れ鹿柵が増えてくるような気がします。

またまた鹿柵
【10時19分】

またまた鹿柵です。今日何個目だ?

急に前が開けた
【10時24分】

車の音が近くに聞こえるようになったと思ったら。急に前が開けた!

半原バス停方向
【10時24分】

ここで半原バス停方向へ・・・。

登山道は終わり
【10時26分】

ここを下ると登山道は終わりです。

左に曲がって
【10時29分】

ここを左に曲がって・・・

半原バス停へはこっち
【10時29分】

ちなみに上の写真を直進すると半原市街地に行きます。なので半原バス停へはこっちの方が近いのかな?

今度は右へ
【10時31分】

今度は右へ・・・。この道は今朝通ってきた道です。

ゴール
【10時38分】

ゴールです。時間が早い! というかこの季節に低山はキツイです。暑くて死にそうです・・・。

ルート図(クリックで拡大)

ルート図
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図250mメッシュ(標高)、数値地図50mメッシュ(標高)、数値地図10mメッシュ(火山標高)、及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第492号)

ルート断面図(クリックで拡大)

ルート断面図

ルート鳥瞰図(クリックで拡大)

ルート鳥瞰図

スポンサーリンク

スーパーコピー時計

パートナーのブランド時計コピーを探すなら

 

  にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 人気ブログランキングへ  

関連する(かもしれない)記事

    None Found

Trackback URL

コメントを投稿する(承認後に表示されます)