Home » アウトドア, トレッキング, 最近、更新した記事

弁天杉・円山木ノ頭・太礼ノ頭トレッキング紀行  このエントリをはてなブックマークに登録 

[ 2009年05月09日 | No Comment | 0 Trackbackk ]


外秩父七峰縦走ハイキング大会の疲れも取れ、新緑の季節に突入し始めた丹沢をゆっくり歩いてみたいと思い、今回は弁天杉を目的にゆったりとした山歩きをしてきました。

山行データ

2009年05月09日(土)
コース (スタート)塩水橋~塩水林道~ワサビ沢~弁天杉~弁天尾根~円山木ノ頭~太礼ノ頭~堂平~塩水林道~塩水橋(ゴール)
山名 弁天杉
円山木ノ頭(1,360m)
太礼ノ頭(1,352m)
累積標高 (+)1,051m
歩行距離 16.803km 所用時間 7時間13分

山行記

出発
【06時28分】

塩水橋の近くに車を停めて出発。

ゲート
【06時28分】

ゲートを前にテントがあった。前夜泊まったのか?

瀬戸橋
【06時32分】

瀬戸橋を渡る。

天王寺尾根に行く場合はこの橋を渡らないで直進する。

今日の目的地の弁天杉だ
【06時57分】

尾根の上に一際大きな木が見える。今日の目的地の弁天杉だ。

弁天沢
【07時14分】

弁天沢を渡る。

弁天杉
【07時40分】

弁天杉。

周りの木や小さく写っている私と比べてみて欲しい。その大きさが分かると思う。

太い木がゲートのように立っている
【08時37分】

弁天杉ほどではないが、太い木がゲートのように立っている。ここは弁天尾根の名所のひとつだ。

ギンリョウソウ
【09時05分】

ギンリョウソウ(銀竜草)

新緑のブナが美しい
【09時16分】

新緑のブナが美しい。

ブナ林で有名な堂平の近くにあるせいか、この尾根にも標高があがるにつれ、ブナが目立つようになる。

円山木ノ頭(1,360m)
【10時10分】

円山木ノ頭(1,360m)到着。

今日登って来た弁天尾根はこの標識の後ろに伸びる尾根で、以前この山頂で休んでいる人がいて、私が後ろから飛び出てきたのでビックリされたことがあります。

大礼ノ頭(1,352m)
【10時40分】

円山木ノ頭から一度大きく下って登り返して、大礼ノ頭(1,352m)到着。

塩水橋のゴール
【13時47分】

途中ずいぶんはしょりましたが、塩水橋のゴールです。

ヒル
【13時51分】

車に戻って靴を履き替えようとしたら、ヒルがくっついていました。この後、靴を脱いだら中にも一匹・・・キャー。

ルート図(クリックで拡大します)

ルート図
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図250mメッシュ(標高)、数値地図50mメッシュ(標高)、数値地図10mメッシュ(火山標高)、及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第492号)

ルート断面図(クリックで拡大します)

ルート断面図

ルート鳥瞰図(クリックで拡大します)

ルート鳥瞰図

スポンサーリンク

スーパーコピー時計

パートナーのブランド時計コピーを探すなら

 

  にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 人気ブログランキングへ  

関連する(かもしれない)記事

    None Found

Trackback URL

コメントを投稿する(承認後に表示されます)