Home » アウトドア, アウトドア用品, 写真/カメラ

山カメラ用ポーチ(f.64 2545)購入  このエントリをはてなブックマークに登録 

[ 2011年10月16日 | No Comment | 0 Trackbackk ]


f.64 2545以前「登山用ポーチ&カメラケースについて」で紹介した「キヤノン ソフトケース PSC-1250」がボロボロになってしまい、他に代わるポーチは無いかとずっと探していたけど、やっと使えそうなポーチがみつかりました。

山を始めて以来、カメラが変ってもずっとキヤノンのソフトケースを使用していました。使いやすく絶大な信頼もしていたのですが、さすがに購入して6~7年、限界が来てしまいました。まぁ、完全に壊れたわけではなく、サイドのビニールが剥がれてきてボロボロという形容がピッタリになってくると、さすがに選手交代を考えざるをえなくなったというのが現状です。それプラス新しく購入したGXR(詳細はコチラ)がこのケースにはギリギリで片手で出し入れがしにくくなっていたので、これも新しいポーチの導入を考えた一要因です。

そんなわけでしばらく前からネットやお店で探していたのですが、中々これっ!っていうのが見つかりませんでした。そんな中、ふとヨドバシに寄ったときにコレを見つけました。実はf.64のカメラバッグはいくつか持っていてコンデジを入れるのにこれほど本格的なものはいらないだろうと、完全に選択肢から外れていたのが中々見つからなかった原因ですね。カメラを入れるのだから始めからカメラバッグメーカーのものを探しておけばこんなに時間が掛からなかったのに・・・(^_^;


f.64 2545基本的に私はカメラポーチをザックのショルダーに取り付けています。それは単純にカメラが取り出しやすいからです。通常、一日あたり100~200枚、多いときは300枚くらいシャッターを切るのでザックの中に入れるのは問題外です。ウェストポーチに入れている人も見かけますが、小型のカメラならば問題無いでしょうがある程度の大きさだとそれなりに大きなウェストポーチが必要になるので、それも邪魔になります。結果、取り出しやすくてあまり邪魔にならないショルダーに取り付けているというわけです。しかし、ここも完璧かというとそんなこともなく、垂直に近い岩登りの時などは邪魔になるときがあります。

写真を見てもらえば分かるように、キヤノン(右端)のポーチに比べるとかなり大きくなっています。なので、実際の山行でどのような影響が出るのかはまだわかりませんが、テスト的にショルダーに取り付けた感じだとなんとか実用になるようです。

次の山行が楽しみです。

メーカーリンク

お勧め

[amazon asin=”B0019J6R1W” /]

スポンサーリンク

スーパーコピー時計

パートナーのブランド時計コピーを探すなら

 

  にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 人気ブログランキングへ  

関連する(かもしれない)記事

Trackback URL

コメントを投稿する(承認後に表示されます)